水虫の写真日記

This page:水虫の写真日記TOP > 水虫の症状 > 趾間型 : 水虫の種類

趾間型 : 水虫の種類

白癬菌は高湿度を好みますが、足の指のあいだというのは非常に湿度が高くなりやすい環境にあります。そのため、白癬菌が住みつきやすく、ここから水虫がはじまる人が多いようです。

趾間型の症状としては、指のあいだの皮が白く厚ぼったくなったり、ポロポロとむけたりすることが多いです。皮をとるとそこはただれていて、かゆみもけっこうある場合が多いです(わたしはこのタイプなのかな?)。

趾間型足白癬は、指と指のあいだをよく洗うことが予防になりますが、やはりそのような症状が出た場合にはすぐに受診することが大切です。