水虫の写真日記

This page:水虫の写真日記TOP > 水虫の症状 > 小水疱型 : 水虫の種類

小水疱型 : 水虫の種類

小水疱型足白癬は、足の裏や縁などに白癬菌が広がっていき、小さい水ぶくれができるなどの症状のものをいいます。足裏全体にはできにくく、部分的にできることが多いようです。

水ぶくれはかゆみをともない、つぶすと中から液体が出てきます。ほかの水疱と同じように、炎症を起こしているためにこのような症状が出るのであって、時間の経過とともに症状は軽くなっていきます。

水ぶくれがなくなると、斑点のようなものが残ることが多いようです。